赤い自由帳

浦和レッズを中心にJリーグを観ています。戦術は語れません。サッカーを中心に、それ以外もぼちぼち。

ACL2022 準決勝 全北 vs 浦和@埼玉スタジアム2〇〇2 ~ Yes, Red Diamons. You're the best.

3年ぶりのアジアの舞台

2021年の天皇杯制覇した浦和レッズは、決勝で敗れた2019年から、3年ぶりにアジアの舞台に参戦。
COVID-19の影響によりタイで集中開催されたグループリーグを2位で突破し、ノックアウトステージへ進出した。

 

ノックアウトステージもセントラル方式開催となり、開催場所として選ばれたのは、さいたま。中立地扱いながらも、浦和は実質的にホームで戦うアドバンテージを得た。(この状況を勝ち取るために、いろんな方の協力と献身があったらしい。本当に頭が下がる思い。)


そのノックアウトステージも、ラウンド16でマレーシアのジョホールを5-0、準々決勝でタイのBGパトゥムを4-0で下し、東地区での頂点を決める準決勝へ進出。韓国の全北との決戦を迎えることになった。

 

開催が決まった頃から試合に参戦しようと思っていたが、諸事情によりジョホール戦・パトゥム戦は参戦できず。
しかし、全北戦はどうしても参戦したく、もろもろ調整し、いや実際には調整しきれなかったものもあるが、とにかく試合には駆けつけることができた。関根の呼びかけに応えることができてよかった。

 

続きを読む

伊藤 敦樹 〜 up-and-coming

選手を形容するときに、「スケールが大きい」という言葉を使うことがある。厳密な定義のない言葉だと思うが、自分の中では、若く、身体的な潜在能力に溢れ、それを使いこなせたら凄いプレーをするだろうなという選手に使う言葉だ。

今の浦和レッズでスケールの大きさを感じるのは、鈴木彩艶、そして伊藤敦樹。

続きを読む

【映画】シン・ウルトラマン 感想

 

ウルトラマンシリーズは子どもの頃から好きで、ソフビ人形などをかなり集めていた。
なので、公開からかなり経っていたが、映画館で観たかったので仕事帰りにレイトショーで視聴。

ちなみに全然知らなかったが、視聴した7月7日は円谷英二氏の誕生日だったらしい。

 

 

以下、全力でネタバレ注意。

続きを読む

【大河ドラマ】鎌倉殿の13人 第25話『天が望んだ男』

 

穏やかで厳かな、源頼朝の最後の一日。

 

ふらつく足取り、餅の誤嚥未遂、馬上での呂律が回らず手が動かなくなった描写は、脳卒中脳梗塞を患ったように見える。

また落馬直前の異様な状態は、この時代の人々の目には祟りや呪詛のように映ったかもしれない。

一方で、義時が政子を制して頼朝のために水を汲みにいき、頼朝が倒れた時の鈴の音が義時には届いていないような描写から、捉えようによっては義時(北条)の暗殺にも見える。行く末を知っている人間には、虫の知らせは届かないのだろう。

現代に伝わるいくつかの説の、どれとも捉えられるような書かれ方をしているように思えた。

 

1年の折り返し、6月の最終回で描かれた頼朝の最後。

頼朝が今際の際に見た光景とともに、本当の意味での「鎌倉殿の13人」が始まる。

 

 

背番号10の証明 〜 2022 J1 第18節 神戸 vs 浦和

代表ウィークによる中断期間中に声明を出し、「リーグ優勝」という目標の下方修正をおこなった浦和レッズ

現時点での勝ち点、順位および消化試合数を冷静に受け止めますと、目標の達成は非常に難しい状況だと理解しております。

…(中略)…

引き分けではなく勝利を積み上げ、可能性のある限り諦めることなく闘っていくとともに、カップ戦を含め一つでも多くのタイトル獲得を目指します。

予想通り、リーグは出来るだけ上の順位を目指しつつ、カップ戦でのタイトルを目指すというもの。

そして迎えた第17節の名古屋戦。中断期間のトレーニングの成果(特に攻撃面)を感じさせる内容で3-0の勝利。今季初めて、完勝と言えるような内容であった。

 

しかし、ミッドウィークの天皇杯ザスパクサツ群馬戦でまさかの0-1の敗戦。
ACLのために最も重要視していたであろう大会からドロップアウトする失態を犯してしまう。

 

そして迎えた第18節、神戸戦。

天皇杯の敗戦を受けての試合であり、アウェイとは言え最下位のチームとの対戦。絶対に勝たなくてはいけないという試合となった。

続きを読む